熱中症にならない賢い水分補給

こんにちは!

そろそろクーラーが欠かせなくなってきましたね! 暑くてもりんく整骨院は元気に診療中です(≧▽≦)

暑くなってくると心配になるのが熱中症ですね。毎年熱中症で死者がでるほど怖いものです(>_<) 今日は熱中症にならないための水分補給についてのお話です。

 

体の約6割が水分

体内の水分量は体重の約6割ですが、その役割は栄養素を体の隅々まで循環させ老廃物を体外に排出させる、体温を調節するという働きがあります。

体は毎日、尿、皮膚からや呼気などでおよそ2.5ℓもの水分を失います。そして食事などから同量の水分をとってバランスをとっています。このバランスが崩れるとダルさや頭痛、筋肉の痙攣などが起こります。

スポーツでは体重の1%でも脱水が進めばパフォーマンスは低下します。スポーツ中の水分補給は熱中症予防だけでなく、パフォーマンス維持もできます。

 

喉が渇く前にこまめな水分補給を

喉が渇いたと感じたら、それはすでに体が脱水している状態です。速やかな水分補給が必要です。汗をかきやすいこれからの時期やスポーツ時には、さらに水分を積極的にとる必要があります。ポイントは「こまめ」に補給です。

喉が渇く前にコップ1杯ほどの量を目安にしましょう。1度にたくさんの水分を摂ることは内臓への負担になるのでおススメではありません。また、汗にはナトリウムや微量なミネラルが含まれています。水分と同時にミネラルなどの塩分も同時にとりましょう。黒糖スポーツ飲料などがおススメです♬

いかがでしたか?こまめに水分補給して暑い夏を乗り越えましょう(^^♪